忍者ブログ
ライトノベル、書く。


ハラヒシバッタの村を出て、


故郷の草地に向かうことを伝えた僕の言葉に、


「えぇー!


危ないよ、セイ君!


村にとどまって良いよ、て、言ったのに…」


ゲンが驚きの声を上げた。


ガサ、ガサ!


「どうしたんですか、村長?


大きな声を出したりして…」


ゲンの声を聞いて、シイが近くの茂みから跳んで出てきた。


ガサ、ガサ!


ラーナも跳んで出てきて、シイの後ろに着地した。


ゲンが彼女たちの方に体を向け、


「それが…、


セイ君が、この村を出て、


故郷の草地に向かうことに決めたみたいなんだ」


シイの問いかけに答えた。


「えぇー!


そ…そんな…、


どうして…」


シイが驚きの声を上げた。


「ほ、本当…、そうですよ。


一緒に、木登りをして、遊びたかったのに…」


ラーナも驚きの声を上げた。


そして、村の中心にある、大木を見上げた。


僕も大木を見上げた。





登ったら楽しそうだと感じ、この村にとどまりたい気持ちが高まってきた。


僕は慌ててブンブンと頭を左右に振った。


今朝、色々考えて、故郷の草地に向かうことに決めたのだ。


「故郷の草地で遊んでいた時の夢を見たんです。


そうしたら、故郷の草が食べたくなってしまって…」


僕は4匹に、故郷の草地に向かう理由を伝えた。





*HOME*   次のページ




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]