忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



強い突風が来たぞぉぉぉ!


体が右に持っていかれる!


ちょっとでもロープをつかむ脚の力がゆるんだら、


体が浮き上がって、川の上だ!


ブウン、ブウン!


ロープが凄い揺れている!


脚の力を消耗させていくよ!


後ちょっとで岸なのだ。


後、50cm程なのだ。


持ってくれ、脚よ!


僕は、なけなしの力で、ロープを抱き続けた。


体が浮き上がるのを、必死にこらえ続けた。


しばらくして、


ビュゥゥゥ…。


風が弱まり始めた。


ブウン、ブウ…ン…。


ロープの揺れも、おさまってくる。


突風に耐えることが、出来た…ぞ。


ここより後ろの方では、大分、揺れていた感じだった。


そっちの方にいたら、ヤバかった。


中間地点から、進めていて良かったよ。


…さあ、急ぐぞ。


いずれまた、このレベルの、


いや、それ以上の突風がやって来る。


それに耐えられるだけの脚の力が、


僕には、ほとんど残されていないように思える。


一気に…、


ロープの上を駆けるぞ!


次の突風が来て吹き飛ばされる前に、岸に到着する。


頑張って、駆けるぞぉぉぉ!


うおお!


ダッ!


僕は6本の脚を高速に動かし、岸に向かって駆け出した。


ビュゥ。


数歩進んだところで、風がうなりを上げ始める。


まだ、強く吹かないで欲しい、風よ!


ダッ!


…残り、30cmまで来た。


ビュゥ、ビュゥ。


風が、ますます不穏になってきている。


素早く、駆けろよ、僕!


ダッ!


…残り、15cmだ。


ビュゥゥ、ビュゥゥ。


いけない。


風が、もう、かなり不穏だ。


急げ!


10cm。


5cm。


着いた!


僕は素早くロープの上から跳ね、


タッ。


コンクリートの地面に着地した。








この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第49話…河口…堤防   *HOME*   故郷の草を求めて第47話…河口…ロープの上…4




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]