忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






「セイよ。


この草地から、出てはいかんぞ」


トノサマバッタの長老、デーンが言った。


「どうして?」


僕は首を傾げ、聞いた。


「危険がたくさんあるからじゃよ。


この草地は、良い。


バッタが多く集まっている。


屈強なバッタが、たくさんいるのだ。


彼らが見回りをして、草地を外敵から守っている。


しかし、外は、そうではない。


他の種族の生き物が、わんさかとおるのだ。


その中には、わしらを襲う、凶暴な種族が数多くいる。


大人のバッタが、数匹がかりで、かからなければ、


太刀打ち出来ない、強力な連中だ。


決して、外に出てはいかんぞ。


分かったな、セイよ」


デーンが厳しい表情で僕に言った。


「分かった。


気を付けるよ」


僕は、うなずいた。


うなずいたところで、


ピカーン。


視界が開けた。


太陽の光が、僕の目に飛び込んでくる。


僕は…、


寝ていたのか。


夢だった…か。


ここは…、


そうだ、河口だ。


川に流され、ここに辿り着いたのだ。


デーン。


大変なことになってしまった。


出てはいけないと言われていた草地の外に、


出てしまったよ。


かなりヤバいよ。


とてつもなく危険であることが分かる。


出て、すぐに、フナに襲われてしまったのだ。


草地にいた時も、


少し外の様子を見ようとしたり、


遊んでいて誤って外に出てしまったら、


途端に、カマキリや、クモなどの危険生物に遭遇してしまった。


今、僕は、それほどまでに危険がいっぱいな、草地の外にいる…。


元の草地に戻るには、多くの距離を移動しないといけない。


多くの危険に遭遇することになる。


かなり戻るのが困難だよ。


困ったよ。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第51話…河口…堤防…3   *HOME*   故郷の草を求めて第49話…河口…堤防




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]