忍者ブログ
ライトノベル、書く。


前方に…何かがいる。


ここより2mほど先のところだ。


ヤ、ヤバいよ。


このままだとラーナとシイが、その何かに遭遇してしまう。


ラーナは1mほど先、シイは50cmほど先を跳んでいるのだ。


おとなしい種族だったら良いが、もし凶暴な種族だったら…。


は、早く危険を伝えないと。


「ラーナさん、シイさん、気を付けて下さい!


すぐ先に何かがいるようです!」


僕は大声で、前を行く2匹に伝えた。


その僕の声に、跳んでいたシイの体がびくりと震える。


着地した後、振り返り、


「セ…、セイさん?」


戸惑いの声をもらした。


よし、シイが止まってくれた。


ラーナは―


タッ、タッ、タッ。


そんな…、止まっていない。


飛び跳ね続けているよ!


距離があったため、ラーナの触角に、僕の声が届かなかったのだ。


早く止めないと、ラーナが!


タッ!


僕は勢いよく跳んで、ラーナを追いかけ、


「ラーナさん!


止まって下さい、ラーナさん!」


必死に声をかけた。


その僕の声に、


「えっ?


セイさん?」


跳んでいるラーナが反応した。


よし、気付いてもらえた。


これでラーナに止まってもらえる。


僕がそう思って、ほっとした時、


「きゃあ!」


着地したラーナが悲鳴を上げ、前に転んだ。


…!


ラ、ラーナ!


これは…、一体…。


草がたくさん茂っていて、着地した地面が見えなかった。


着地地点の状態が良くなかったのだろうか。


枝や石などがあって…。


僕は急いで先の見える位置まで進み、ラーナが着地した辺りを見つめた。


草の間から、体を起こしているラーナの姿と、


痛そうに悶える、別の生き物の姿があった。


なっ!


あ…、あの生き物は!


何度か故郷の草地の近くで、見たことがあるよ!


ク、クロヤマアリ…だ。





「つ…!


いてえよ、ハラヒシバッタ!


俺の背中を踏みやがって。


アゴでかむぞ、コラァ!」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]