忍者ブログ
ライトノベル、書く。


ガサ。


ラーナが草を揺らし、数十cm先の茂みの中に着地した。


後ろを振り向き、僕達が跳んでくるのを待つ。


シイが前に少し歩いてから僕に顔を向け、


「セイさん、行きます。


気を付けて飛び跳ねて行きましょう」


言って顔を前に戻し、


タッ。


村の外に向かって跳んだ。


ガサ。


草を揺らし、ラーナの近くに着地した。


2匹とも村の外に出た…よ。


僕も早く行かないと。


村の外なので、危険生物に遭遇しないか不安だけど…、


勇気を出して、行く。


触角を研ぎ澄まして、注意して跳んで進み、


無事、薬草を食べて、この場所に戻ってくるぞ!


僕は村の外の茂みに視線を移し、


タッ。


跳んだ。





村と外との境界を跳び越え、


ガサ。


ラーナとシイの後ろに着地した。


着地した僕を見て、ラーナがうなずき、


僕とシイの顔を見る。


「どんどんと飛び跳ねて行きます。


離れず、ついてきて下さい」


ラーナが体を薬草のある林の奥に向け、


タッ。


跳んだ。


ラーナを追って、


タッ。


シイも跳ぶ。


跳んだ2匹を見て、僕も慌てて、


タッ。


跳んだ。


タッ、タッ、タッ。


ラーナが林の奥に向かって、どんどんと跳んでいく。


速いジャンプスピードだ。


遅れないよう、急いで跳んでいくぞ。


タッ、タッ、タッ。


僕は前を跳ぶ2匹の後を追って、跳び続けた。


林の中を、3匹の飛び跳ねる音が響く。


タッ、タッ、タッ。


タッ、タッ、タッ。


タッ、タッ、タッ。


大分…、跳んだよ。


5mぐらいは、進んだだろうか。


後、5m、頑張って跳ぶぞ。


僕がそう思った時、


ピィィィン。


触角が、進む先に何かがいるのを感じ取った。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]