忍者ブログ
ライトノベル、書く。





クロヤマアリが僕の方に歩き出した。


彼の気を静めることに…失敗してしまったよ。


クロヤマアリとの闘い…、


避けられない…ようだ。


「セ、セイさん!


すいません、私…」


右前方から声がかかる。


声がした方を見ると、


ラーナが涙目で体を震わせながら、こちらを見つめていた。


ラーナ…、


クロヤマアリの背中を踏んでしまったことに、


責任を感じているのだろう。


申し訳なさそうな顔を、僕に向けている。


着地した場所に偶然クロヤマアリがいるなんて…、


かなり運が悪かった…よ。


たった10mの距離を移動するだけだったのだ。


それだけで薬草に辿り着けた。


それなのに、


そのわずかな移動の間に、


5mmの大きさの小柄なラーナが、


同じくらいの大きさのクロヤマアリに接触するなんて…。


クロヤマアリが突然止まって、ラーナの方を向く。


そして、


「やい、ハラヒシバッタ!


このショウリョウバッタをたたんだ後は、


お前だからな!」


大声でおどした。


その剣幕にラーナがビクッと体を震わせ、


「え~ん!」


泣いた。


クロヤマアリが再びこちらを向き、歩き出す。


くっ…、クロヤマアリ。


ラーナはちゃんと謝ったのに。


クロヤマアリは僕と比べると小柄だが、


ハラヒシバッタであるラーナとは大きさに差がない。


攻撃されたら…、


ただではすまないよ。


僕は焦り、ラーナの方に1歩脚を踏み出した。


「ラーナさん!


僕がクロヤマアリと闘っている間に、


逃げるんだ!」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]