忍者ブログ
ライトノベル、書く。


僕の中脚の攻撃に、


「つぅ…!」


クロヤマアリがうめいて右前脚で顔を押さえ、数歩後退した。


それを見て僕も後退して距離をとり、クロヤマアリの方に向き直った。


ク…クロヤマアリに中脚による一撃を当てることが出来た。


勢いよく…蹴り下ろせた。


多少なりともダメージを与えられたように思える。


2度目の攻撃なので、大きなダメージになったかもしれない。


これでクロヤマアリが攻撃を止めてくれたら良いが…。


ダン!


クロヤマアリが右前脚で地面を叩いて僕をにらんだ。


「コ、コノヤロォ!


1度ならず2度も俺に蹴りを食らわせやがってぇ!


もう許さんぞ、コラァ!


死角から猛攻してやるぞ、ショウリョウバッタ!」


凄い剣幕で怒鳴って、弾かれたように右方向に歩き出した。


鋭く右回りに旋回していき…、僕の後ろに回り込んだ!


くっ、後ろから攻める気か!


ヤバいよ、動きが見えないのだ。


このままでは攻撃を食らってしまう!


急いで後ろを向かないと!


僕は慌てて体を後ろに向けた。


僕の正面にクロヤマアリが…、


いない!


い、一体、どこに…。


ガサッ、ガサッ、ガサッ!


後ろから草のこすれる音が近付いてくる!


クロヤマアリ…、僕の動きを見て、さらに旋回して後ろに回ったか!


正面で動きを捉えたいが、もう大分近付かれてしまっている。


今、後ろを向いても間に合わない!


ど、どうすれば…。


一か八か、アカテガニとの闘いの時のように、


ジャンプ蹴りを試みる…か。


動きが見えないので難しいが、


触角を研ぎ澄まし、クロヤマアリの接近を感じれば、


不可能ではないはず。


僕の全体重が加わった蹴りであり、


成功出来れば、クロヤマアリに大きなダメージを与えられる。


闘いを終わらせることが出来るかもしれない!


よ…し、ジャンプ蹴りを仕掛けるぞ!


成功させるには、飛び跳ねるタイミングが重要だ。


触角を研ぎ澄ますんだ、僕よ。


ピィィィン。


ガサッ…ガサッ…ガサッ…ガサガサ!


クロヤマアリが僕に大分接近した!


飛び跳ねるのは…今だ!


僕は後ろ脚に力を込め、


ダッ!


跳んだ。


垂直方向に体が上がっていき、


頂点に達して落下を始める。


後ろ脚を構え、下を見る。


クロヤマアリが驚いた顔でこちらを見上げ、動きを止めていた。


クロヤマアリがいる位置は着地予定地点の後ろ側―


蹴りを…当てれそうな位置だ!


届け、後ろ脚よ!


シュッ!


僕は勢いよく後ろ脚を下に突き出した。


後ろ脚の裏がクロヤマアリの背中に伸びていき―


バァン!


直撃した。








この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]