忍者ブログ
ライトノベル、書く。


僕の後ろ脚の蹴りに、


「ぐっ…!」


クロヤマアリがうめき、地面に伏した。


その攻撃の反動で僕の体が右斜め前に跳ねる。


前のめりになりながら、少し先の地面に着地した。


着地してすぐ、クロヤマアリとの距離をとるため、


タッ!


前に強く飛び跳ねる。


ク…クロヤマアリにジャンプ蹴りを当てることが出来た。


タイミングよく跳べ、うまく背中を蹴れたように思える。


全体重を加えることが出来た蹴りであり、


大きなダメージを与えられたかもしれない。


これでクロヤマアリが引いてくれたら良いが…。


ガサッと草を揺らし、地面に着地した。


後ろを振り返り、クロヤマアリを見る。


低い姿勢で痛そうに顔をゆがませ、鋭い目で僕をにらんでいた。


す…凄い形相だ。


け、気圧される…。


僕は数歩、後ずさりした。


もしまだクロヤマアリが、戦闘可能であったらヤバく感じる…。


今まで以上の勢いで迫ってきそうな雰囲気を放っているのだ。


そんな勢いで接近されたら、動きを捉えられず、


攻撃を食らってしまいそうに思える。


クロヤマアリ…、どう行動するだろうか。


3度の攻撃で、それなりにダメージを与えられたはずなので…、


闘いを止めてくれる可能性もゼロではないように思える。


だが、ショウリョウバッタとしておとなしく生きてきた、


戦闘に不慣れな僕が仕掛けた攻撃なのだ。


ダメージが深くなく、再び、こちらに攻撃に動くということも…。


クロヤマアリが…体を起こした。





「ぐっ…、出来るな、ショウリョウバッタ。


俺に3度も攻撃を加えるとは…。


特に最後の後ろ脚によるジャンプ蹴り…、


かなり効いた。


これ以上闘うのが…困難なくらいに…。


くっ…、


お腹が空いてきたことだし、


このくらいで勘弁しといてやるよ。


ありがたく思えよ、ショウリョウバッタ!


…やい、ハラヒシバッタ!


今度、俺を踏んだらただじゃおかねえぞ!


よく注意して飛び跳ねやがれ!」


ラーナがビクッと体を震わせ、ぎこちなくうなずいた。


それを見てクロヤマアリがうなずき、


右側のタンポポとスミレの花が咲いている茂みに体を向け、


ヨロヨロと歩き出した。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]