忍者ブログ
ライトノベル、書く。


僕の攻撃に、


「つ…!」


クロヤマアリがうめき、左右の前脚で頭を押さえながら数歩後ろに下がった。


それを見て僕も後ろに下がり、クロヤマアリと距離をとる。


な…なんとかクロヤマアリに一撃を食らわせることが出来た。


勢いよく振り下ろしたため、多少なりともダメージを与えられたように思える。


これでクロヤマアリが攻撃を止めてくれたら良いが…。


クロヤマアリが前脚を頭から降ろし、顔を上げて僕をにらんだ。


「や、やりやがったな、ワレェ!


前脚で強く叩きやがって…。


数倍にして返してやる!


サイドから強襲してやるぞ、ショウリョウバッタ!」


吼えて、クロヤマアリが右方向へ歩き出した。


少し歩いた後、突然右に旋回し…、僕に向かってくる!


ク…クロヤマアリが攻撃を止めてくれなかった。


それどころか勢いが増し、右から鋭く仕掛けてくるよ!


よ…横からの攻撃は、前方からの攻撃と比べ、反応しにくい。


片目だけで動きを追わなければならないのだ。


両目で見るために向きを変えたいが…、


もう、すぐ近くまで迫られている。


変えていたら前脚を構える前に、


アゴ攻撃が可能な間合いまで詰められそうだ。


ここは向きを変えず、右の目を凝らしてクロヤマアリを待つぞ!


そして攻撃に来たところを中脚で打つ!


ガサッ、ガサッ、ガサッ!


草を荒々しく揺らしてクロヤマアリが迫ってきた!


猛烈な勢いだ!


だ…だが、旋回しながらの接近であったためか、先程よりは加速していない。


僕の右の目はなんとか…クロヤマアリの動きを捉えられている!


「果てろや、ショウリョウバッタ!」


クロヤマアリが叫び、アゴを向けてきた。


「やらせないよ、クロヤマアリ!」


僕は中脚を構え、


シュ!


勢いよく蹴り下ろした。


中脚の裏がクロヤマアリの顔に迫っていき―


バァン!


直撃した。








この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]