忍者ブログ
ライトノベル、書く。


シイが横からそっとラーナを抱いた。


そして、うるんだ目で僕を見た。


「セイさん。


クロヤマアリさんからラーナを守ってくれて、ありがとう。


クロヤマアリの方には荒くれ者が多いと知っていたので、


どうなるかと震えて見ていたのですが…、


本当、セイさんが強いバッタで良かったです」


僕は照れて右前脚で頭をかく。


「い…いや、運が良かった感じだよ。


僕は今までおとなしく生きてきた、戦闘経験を多くしていないバッタで…。


思い切って脚を伸ばしたら、うまく相手に当たってくれた。


それに…僕の方が体が大きく、リーチが長いから、有利だったんだと思う。


と…とにかく、クロヤマアリさんに引いてもらえて良かった。


行こう、薬草の生えている場所へ」


シイとラーナがうなずいた。


シイがラーナから離れ、茂みの奥に顔を向ける。


「そうですね。


急いで薬草の生えている場所に行かないと。


ゆっくりしていたら第2、第3のクロヤマアリさんに遭遇してしまいそうです。


ラーナ、薬草の場所へ案内をお願い」


「え、ええ。


2匹ともついてきて下さい」


ラーナがくるりと後ろを向いて、


タッ!





飛び跳ねた。


ラーナが跳んですぐ、


タッ!


シイが跳ぶ。


2匹の後を追って、


タッ!


僕も跳んだ。


村を出発してから、それなりの距離を飛び跳ねている。


村から薬草まで10m程ということなので、到着まで後少しに思えるが…。


タッ、タッ、タッ!


タッ、タッ、タッ!


タッ、タッ、タッ!


しばらく跳んだ後、ラーナが止まってこちらを振り返った。


そして、


「薬草が…ありました!」


薬草の近くに着いたことを伝えた。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]