忍者ブログ
ライトノベル、書く。


僕の言葉に2匹がうなずいた。


「そうですね。


数分後に出発しましょう」


「それまでにちゃんと跳べるようにしておきます」


シイとラーナが言って、その場で姿勢を低くして体を休めた。


2匹が出発する準備を整えてくれている。


僕も村まで素早く飛び跳ねていけるよう、しっかりと体を休めておくぞ。


僕は茎に抱きついて体を休め始めた。





………ふぅ。


こうやって休んでいると…、


先程食べた薬草の味と香りが思い出される。


本当に味わい深かった。


まだ夢心地だよ。


ずっと余韻にひたっていたい…。


「休んでいる数分の間に、何者の襲撃もなければいいが…」


僕はつぶやいた。


シイが僕の声に反応して、こちらに顔を向ける。


「そう…ですね。


今のところ、周囲に気配はないようですが…」


触角を立て辺りを見回し言った。


僕も触角を澄まし、周囲を確認する。


「僕も気配を感じない…。


僕達が乗った薬草に接近する存在は、


この周囲には、たぶん…いないと思うけど…」


シイがほっとした表情を見せた。


「セイさんが言うのなら、しばらく安心ですね。


良い触角を持っているようですので。


ここに来る時にセイさんは、


クロヤマアリさんが前方にいることにいち早く気付き、


私達に教えてくれました」


シイが言ったのを聞いて、ラーナが顔をこちらに向ける。


「そういえばそうです。


私よりもずっと後ろにいたのに…。


セイさん、かなり触角が良いようですね」


僕は照れて頭をかき、


「いや…、そんな…。


たまたま気付くことが出来た感じだよ」


2匹に言った。






この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]