忍者ブログ
ライトノベル、書く。


薬草を食べ終わってから5分ほどが経った。


大分くつろぎ、体が十分に動かせる状態になっている。


村に向け出発出来そうだ。


シイとラーナはどうだろうか?


「2匹とも。


十分に体を休めることが出来ただろうか?」


「はい、ベストなコンディションです」


「しっかり休めれました。


いつでも出発出来ます」


こちらに顔を向け、ラーナとシイが答えた。


「僕もだ。


よ…し、村に向け、出発しよう」


2匹がうなずいた。


それを見て僕は葉から跳んで、


ガサ。


草を揺らして地面に降りた。


着地してすぐ、2匹も葉から跳んで降りてきた。


ガサ、ガサ。


僕の右にラーナが、左にシイが着地した。





「先程、3匹で話した通り、


離れずに固まって村まで飛び跳ねて行こう」


僕の言葉に、ラーナがうなずき、


「遅れないよう気を付けて飛び跳ねて行きます。


右方向からの接近に注意を傾けたいと思います」


言って、体を村のある方に向けた。


シイもうなずき、


「2匹から離れすぎないよう気を付けます。


左方向からの接近に注意を傾けたいと思います」


言って、村のある方を見つめた。


「僕も進むペースを乱さないよう、気を付けて飛び跳ねる。


進行方向からの接近に注意を傾けるよ。


では、行こう。


3…2…1…GO!」


タッ!!


僕が言い終わると同時に、3匹が村に向かって飛び跳ねた。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]