忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



シイがブンブンと首を横に振る。


「い、いえ…。


村の薬草をごちそう出来たら良かったのですが…」


シイの言葉にラーナがうなずく。


「本当、そうです…。


わざわざ危険な村の外に連れ出してしまって…」


「村に訪れたタイミングが…悪かった。


強風で村のバッタ達がケガをして、薬草が必要になっている時だった。


村の薬草を食べられなかったのは残念だったけど、


その代わり村の外で、


しっかり育った栄養たっぷりの薬草に出会うことが出来た。


大変な思いをしてでも食べたいと感じる薬草に」


僕は嬉しそうに自分が乗った葉を見た。


「確かに良い薬草でした。


ここまでしっかり育った状態の薬草を口に出来る機会は、


めったにないかもしれませんね」


シイの言った言葉に、僕とラーナがうなずいた。


「ずっとこの場所にいられないのが残念だよ。


ここは村の外で、いつ危険な種族がやってくるか分からないから…」


言って僕は触角を澄まして辺りを見回し、


「今は特別…危険は感じられないけど…」


つぶやいた。


シイが触角をピンと立てて周囲を見回し、





「いずれ…やってきそうな感じがします…」


つぶやいた。


僕は2匹に顔を向ける。


「遭遇しないうちに、この場から動きたい。


せっかく薬草を食べて、3匹ともエネルギーを充填したのだ。


体力を消耗して村に戻りたくない。


あと少し休んだら、村に向けて出発しよう」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第125話…よもぎ…4   *HOME*   故郷の草を求めて第123話…よもぎ…2




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]