忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



クロヤマアリが茂みに入って、近くのタンポポによじ登り、


花の中心で体を休め、蜜を吸い始めた。





それを見て緊張が解け、僕はその場にへたり込んだ。


「セイさん!」


ラーナが僕に駆け寄ってきた。


ガサッ!


「だ、大丈夫ですか?」


遠くの茂みに隠れていたシイも跳び出てきた。


2匹がそばに来て、僕を心配そうに見る。


僕は顔を上げ、


「だ…大丈夫。


なんとか、攻撃を受けずに済んだ…よ。


精一杯の力で攻撃したから、脚の裏がヒリヒリするけど、


普通に動けそうだ。


ただ、闘いが終わって、ほっとして、


体の力が抜けてしまって…」


つぶやき、力なく微笑んだ。


ラーナが僕に一歩近付く。


そして、深く頭を下げた。


「ごめんなさい、セイさん!


私のせいで危険な目に遭わせてしまって。


私がクロヤマアリさんの背中を踏まなければ…、


いえ、そもそも薬草の所に行きたいと言わなければ、


こんなことにはなりませんでした。


本当にすいませんでした!」


ラーナが目に涙をため、僕に謝った。


僕は慌てて首を横に振った。


「ラ、ラーナさんが悪くないよ。


薬草までの距離は、ほんの10m程だったのに、


その移動の間に、体の小さい者同士が接触してしまうなんて、


かなり運が悪いよ。


ラーナさんは僕の前脚のケガのことを思って、


薬草を食べに行こうと言ってくれた。


僕は村の外に薬草を食べに行くことに消極的に振る舞っていたけど、


行こうと言ってくれた時、本心では嬉しかった。


本当は薬草を食べたいと思っていたから…。


ラーナさんを責めることは、僕には出来ないよ」


真剣な顔つきでラーナに言った。


ラーナが顔を上げた。


そして右前脚で目の下の涙をふき、


「ありがとう…、セイさん」


僕に言った。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第120話…クロヤマアリとの闘いの後…2   *HOME*   故郷の草を求めて第118話…迫る、クロヤマアリ…8




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]