忍者ブログ
ライトノベル、書く。


ラーナが…薬草付近に到着した。


クロヤマアリとの遭遇で、一時はどうなるかと思ったけど、


無事、薬草のすぐそばまで来られたよ!


一体、どんな薬草が生えているのだ。


僕は見たい気持ちを抑えられず、


タッ!


ラーナのいる場所に向かって強く飛び跳ねた。


タッ、タッ!


行く手をさえぎっていた草を跳び越えていき、


ガサ!


ラーナとシイの後ろに着地した。


2匹を見下ろすと、


瞳を輝かせて前方を見つめていた。


その視線の先に…薬草があるのだ。


ついに僕は…薬草の前に辿り着いたのだ。


僕はゆっくりと顔を上げ、前を見た。






「や…薬草だ…よ」


僕は目の前に生える草を見て、感激の声をもらした。


あの草は紛れもなく薬草…。


見覚えがある。


故郷の草地で食べたことがある薬草―


よもぎだ。


シイが辺りを見回す。


「この一帯にたくさん茂っています。


どれも…葉が豊富です」


ラーナがこちらを振り返った。


「これなら光合成への影響を気にする必要はありません。


薬草の生育をそれほど妨げずに食べられそうです。


行きましょう、薬草へ」


僕とシイがうなずいた。


ラーナが薬草に体を向け、歩き出す。


彼女の後に続いて、僕とシイも薬草へと向かった。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]