忍者ブログ
ライトノベル、書く。


ヤ、ヤバいよ。


ラーナがクロヤマアリに遭遇してしまった。


止めるのが間に合わなかったのだ。


生物の気配があった地点まで進ませてしまった。


クロヤマアリは…荒くれ者だ。


自分より体の大きい相手を平気で襲う種族なのだ。


そんな凶暴なクロヤマアリの背中を…、


ラーナは踏んでしまった。


くっ…。


もう少し早く、ラーナに危険を伝えることが出来れば…。


ガサ。


草を揺らし、シイが僕の右横にやってくる。


「セ、セイさん。


一体、何が…」


不安そうな顔で僕に聞いた。


僕は右の前脚をラーナとクロヤマアリがいる方に上げ、


「ラーナさんが…クロヤマアリに遭遇してしまった」


シイに伝えた。


シイの顔が驚きの表情に変わる。


そして、草の間から先を見つめ、


「そんな…。


ラーナ…」


呆然とつぶやいた。


クロヤマアリが凄い形相でラーナに1歩近付く。


ラーナが体を震わせ、後ずさりする。


「す、すいません。


悪気はなかったんです。


草で地面がよく見えなくて…」


涙目で言ったラーナに、クロヤマアリがさらに1歩近付く。


「マジ背中が痛かったんだよ!


高い所から降ってきやがって。


巣に連れ帰るぞ、ワレェ!」


言って、クロヤマアリがどんどんとラーナに近付いた。


い、いけない。


ラーナがクロヤマアリに襲われてしまう。


タッ!


僕は跳び、


ラーナとクロヤマアリの近くに着地した。


そして体をクロヤマアリに向け、


「クロヤマアリさん、お願いします!


どうか見逃して下さい!」


大声でお願いした。


クロヤマアリがラーナに近付くのを止め、体を僕の方に向ける。





「なんだお前!


こいつの仲間か?


…見逃して欲しい?


嫌だね。


背中を思い切り踏まれたんだ。


かなり痛かった。


アゴでかまないと、気が済まないんだよ!


どうにかしたければ…、


俺を倒すことだな!」


クロヤマアリが言い、


ザッ。


僕のいる方に脚を踏み出した。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]