忍者ブログ
ライトノベル、書く。


どうすれば良いだろうか。


全力で坂を上がって、脱出を試みるか。


…駄目だ、


きつそうだよ。


傾いた坂では、うまく跳ぶことが出来ないのだ。


上に向かって跳んでも、少ししか進めないだろう。


最悪、失敗し、逆に後ろへと戻ってしまう可能性も否定出来ない。


それを考えると、跳ねずに這って進むしかないが、


あの素早い横歩きだ。


簡単に追いつかれそうだ。


坂は使わず、階段で脱出しよう。


段差は結構あるが、ジャンプで上がっていけれそうだ。


段数があり、きつそうだが、なんとか上まで行けそうに思える。


階段は、すぐ手前にある。


ここから少し行った、


堤防の端の方にもあるようだ。


この手前の階段をのぼって、上に行くか…。


だが、近くにアカテガニがいる。


阻まれる感じがしてくるが…。


…うまくいけば、脱出出来る可能性もある。


挑んでみる…か。


タッ。


僕は飛び跳ねて、階段の上にのった。


ダダダ。


すぐさまアカテガニも階段の上へと移動する。


数段上で待ち構えられた。


やはり阻もうとしてくるか。


危険が大きいが…、


通り抜けたい。


無理矢理かわして進めないだろうか。


強く跳び、アカテガニから離れた位置に着地出来れば、


攻撃を食らう前に上の段に行けるかもしれない。


やって…みるか。


僕は意を決し、階段を上がろうとした。


その時だ。


アカテガニが左右のハサミを振り上げて叫んだ。





「さあ、来い、


ショウリョウバッタ!」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]