忍者ブログ
ライトノベル、書く。


す、凄い気迫だよ!


けおされ、跳ぼうとしていた脚が止まってしまった。


どうする、僕。


本当に行くのか。


アカテガニ、自信ありげだよ。


せっかくのぼっても、叩き落とされそうに思えてくる。


しかし、


不可能ではないはずだ。


うまく跳ぶことが出来れば…。


「ショウリョウバッタ、来ないのか。


だったら、こっちから行くぞ!」


アカテガニはそう言い、凄い勢いで階段を下りだした。


しまった、


先に動かれてしまったよ!


あの速度だ。


ものの数秒で、ここまで来てしまう。


この階段をあきらめて、


次の階段に行くか。


いや、出来れば、この階段で上に行きたい。


アカテガニにずっと追われ、脚が疲れてきているのだ。


次の階段までは、それなりの距離がある。


脚が持つのか心配だ。


…よし、


アカテガニが僕の前にある段差を下っている時に、


ジャンプをして跳び越えるぞ。


凄まじい接近速度だが、神経を集中して、タイミングよく跳ぶ!


ダダダ!


アカテガニが上の段に来た。


ジャンプ、準備だ!


僕は後ろ脚に力を込めた。


ダダダ!


アカテガニが上の段の端まで来た。


ジャンプまで後少し…。


「上から強襲だ、ショウリョウバッタ!」


ダッ!


なっ!


アカテガニが段差を、跳んで降下してきた!








この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]