忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






僕は草をかき分け、進んでいく。


危険生物に見つからないよう、音が出ないようにしたいが、


ガサ、ガサ。


この草の量だ。


体にたくさん草が引っかかり、どうしても音が周囲に響いてしまうよ。


存在を気付かれて危険生物がやって来たら、どうすれば良いだろうか。


僕は周りを見て歩きながら考える。


ここは…、


大きな木がたくさん生えている。


何かが近付いてきたら、木の裏に隠れよう。


追っかけてきたら、木に登って逃げることも出来そうだ。


しかし…、


動きの速い相手だったら、どうしよう。


木に辿り着く前に追いつかれてしまいそうだ。


堤防で遭遇したアカテガニはかなり速かった。


林の中にも、そのように俊敏に動ける生き物がわんさかいそうに思える。


早く接近に気付いて、難を逃れるようにしたいよ。


僕は2本の触角をピンと立て、より周囲への注意力を高めた。


…特別、何かが迫ってきている感じはない…か。


僕がそう思った時、


「誰か…、助けて下さい!」


触角に誰かの助けを求める声が届いた。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第83話…声が聞こえた茂みの先   *HOME*   故郷の草を求めて第81話…林へ




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]