忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



僕は枝の近くに到着する。





「ここだ。


この草の下に、俺達の村の女の子が…」


ハラヒシバッタのオスが目の前の草を前脚で指して言った。


僕はその前に歩み寄る。


「え~ん!」


横倒しになっている草の下から、女の子の泣き声が聞こえた。


早く助けないと。


「脚で草を引きちぎれるか、試してみます」


僕は草を前脚でつかみ、引っ張る。


ぐぅぅぅ!


うぉぉぉ!


…だ、駄目だよ。


頑丈な草だ。


びくともしない。


この草は、全く枯れていない、新鮮な草だ。


芯までしっかりしている。


「ショウリョウバッタさんでも、難しいのか…。


一体、どうすれば良いんだ」


ハラヒシバッタのオスが、弱々しく声をもらす。


なんとか…助けたいよ。


もう一度、勢いをつけて引っ張ってみるぞ!


ぐぅぅぅ!


うぉぉぉぉぉ!


その僕の引っ張る力で、


ギシ…。


と、草からきしむ音がもれる。


いける…か。


もう少し力を高めて、引っ張る…ぞ。


ぐぅぅぅ!


うぉぉぉ!


う、おお…お。


こんなに強く…引っ張っているのに、


ちぎれて…くれない…よ。


うわっ!


つかむ力が弱くなって草から前脚が外れ、後ろへと僕は倒れた。


ぐっ。


僕は起き上がって、草をにらむ。


強く引っ張ったのに、キズ1つついていないよ。


僕の力では…、


助け出すことが出来ない…のか。


何か、方法はないのか。


引っ張る以外に方法は。


僕がそう苦悩した時だ。


ぐぅぅぅ。


僕のお腹が鳴った。


い、いけないよ。


こんな時に。


ハラヒシバッタのみんなが困っている時なのだ。


ゆっくり食事している場合ではないよ。


いや…、待てよ。


その手が…、あった。


引っ張る以外に、草をどうにかする方法が見つかったぞ!


僕は思い立つや否や、草に走り寄ると、


顔を近付け、


食べ始めた。


ガジガジ。


ムシャムシャ。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第86話…草の下に閉じ込められたハラヒシバッタを救出せよ…2   *HOME*   故郷の草を求めて第84話…枝に集まる、ハラヒシバッタ




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]