忍者ブログ
ライトノベル、書く。





「良かった。


ショウリョウバッタさんが、私達の村に来てくれて」


「ああ。


俺達の力だけでは、どうすれば良いのか分からなかった。


ショウリョウバッタさんが、近くを通りかかってくれて良かったよ」


シイと、オスのハラヒシバッタが顔をほころばせて言った。


「いえ、そんな…」


僕は照れくさそうに頭をかいた。


「あれ、そういえば…。


ショウリョウバッタさんは、


ここら辺では見かけないショウリョウバッタさんのようだね。


最近、この近くに引っ越してきたのかい?」


オスのハラヒシバッタが僕の顔をじっと見て聞いた。


「いえ…。


実は、僕なんですが、


ここよりずっと、上流の方に住んでいたショウリョウバッタなんです。


だけど、昨夜、草地で休んでいた時、


突風で飛ばされ、川に落ち、ここまで流されてしまったんです。


今はその草地へ戻る途中です」


僕はハラヒシバッタのオスに答えた。


「上流の方から!


川に流されてきたのか!


それは大変な目にあった。


波もあるし、凶暴な川魚もいるんだ。


よく川から上がれたものだ。


君は根性のあるショウリョウバッタだ。


ラーナを助ける時も、頑張って草をかじってくれた。


ショウリョウバッタさん。


お礼と言っては何ですが、今日はこの村で休んでいって下さい。


もうすぐ日が暮れます。


夜の林に1匹でいては危ない。


この村の中なら、落ち着けると思います。


大勢の屈強なハラヒシバッタが村を見回り、守っていますので」


「村長のゲンの言う通りです。


ゆっくりしていって下さい」


ハラヒシバッタのオス―村長のゲンの言葉の後、続けてラーナが言った。


僕はうなずき、口を開く。


「ありがたいです。


お言葉に甘えて、休ませてもらいます」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]