忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ハラヒシバッタ。


小柄なバッタだ。


視界の先にいるハラヒシバッタは体長5mm程。


僕は3cm程なので、大分、体格差がある。


僕が暮らしていた草地にも、彼らはたくさん住んでいた。


おとなしくて温厚な種族だ。


一体、どうしたのだろうか。


周りを見ると、ハラヒシバッタが他にもたくさんいる。


地面に落ちている木の枝の周囲に集まっているようだ。


僕は、


ガサ。


茂みから出て、


「ハラヒシバッタさん。


何かあったのですか?」


と、目の前の女の子のハラヒシバッタに聞いた。





彼女は僕を見て、


驚いた表情になり、


「あっ!


ショウリョウバッタさん!


そ、そうなんです。


大変なことになってしまって…。


私の友達が倒れた枝の下敷きになってしまったんです。


幸いけがは無いようなのですが、


枝の下に多くの草が横倒しになっていて、


それが邪魔して助けることが出来ないんです!」


と、言った。


「えっ!


そんな!」


僕は驚きの声をもらし、先にある枝を見た。


昨夜は、風が大分強かった…。


だから、多くの草が横倒しになったのだ。


そして、運悪く、その上に強風で折れた枝が落ちてしまった…。


「おい、そこのショウリョウバッタ!


手伝ってくれないだろうか!


体の小さい俺達の力だけでは、この草をどけられないんだ!」


枝の近くにいるオスのハラヒシバッタが僕に言った。


「わ、分かりました」


僕はうなずき、枝へと向かった。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第85話…草の下に閉じ込められたハラヒシバッタを救出せよ   *HOME*   故郷の草を求めて第83話…声が聞こえた茂みの先




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]