忍者ブログ
ライトノベル、書く。


「あっ!


ラーナ…。


ショウリョウバッタさん。


ラーナがいます…。


ラーナ…。


ラーナ!」


僕の後ろからハラヒシバッタの女の子が、奥にいる女の子、ラーナを呼んだ。


「あっ…。


シイ…。


シイ!」


その声に反応し、ラーナが外に出てきた。


「おお…!


ラーナが、外に!」


ハラヒシバッタのオスが喜びの声を上げる。


「良かった!」


「一時はどうなることかと…」


周りにいるハラヒシバッタ達も喜びの声を上げた。


ラーナが目に涙をため、


「大きな音がして、起きたら、周りが真っ暗で…。


何も見えなくて…。


草の下に閉じ込められていることに気付いた時は、


もう…駄目かと思いました。


出ることが出来て本当に良かったです。


でも、どうして私は出ることが出来たのでしょうか。


あんなにたくさんの草の下にいたのに…」


振り返って草を見つめ、言った。


「こちらのショウリョウバッタさんが助けてくれたの。


草を懸命にかじり、脱出口を作ってくれたの」


シイが僕を見て、言った。


ラーナが僕の方を向き、





「こちらのショウリョウバッタさんが…。


私が外に出られるよう、


あの丈夫そうな草をかじり、


道を作ってくれたのですか…。


大変なことをさせてしまい、すいません…。


お陰で、助かりました。


ありがとう…、ショウリョウバッタさん」


言った。


「いえ…。


僕はお腹が空いていたので、


草をかじることは、苦ではありませんでした。


本当、無事で良かったです」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]