忍者ブログ
ライトノベル、書く。


僕の言葉に、ラーナがブンブンと首を横に振る。


「いえ、食べ終わったところでしたので。


それより、セイさん、


さっきは本当に、ありがとうございます。


見ず知らずの私を、


草の下から助けてくれて…」


感謝の言葉を僕に伝えた。


僕は、はにかみ、


「いえ、困った時はお互い様です。


バッタの種族同士なんですから。


ハラヒシバッタさんは僕の故郷の草地にも住んでいて、


良くしてもらっています」


言葉を返す。


ラーナが少し驚いた表情になり、口を開く。


「そうですか、ハラヒシバッタがあなたの草地にも。


セイさんと仲良くしてくれた、


そのハラヒシバッタの方にも感謝したいです。


セイさんのいた草地には、良いバッタが多そうですね」


僕はうなずき、


「ええ。


ショウリョウバッタや、イナゴ、トノサマバッタ…。


色んな種族の、良いバッタ達が暮らしています」


朗らかに答えた。


「良い草地のようです。


やはりセイさんは、戻るつもりなのですか、その草地に…」


ラーナが少し寂しそうな表情になり僕に聞く。


「どうすれば良いか、迷っています。


ゲンさんの言った通り、危険な道なので…」


僕は顔を曇らせて答えた。


シイが一歩前に出て、


「無理しないで下さい、セイさん。


とんでもなく凶暴な危険生物が、外にはたくさんいるんです。


遠慮せず、この村に住んで下さい。


セイさんは、ラーナを助けてくれました。


その時見せてくれた、草をかじるアゴの力、心強いと感じます。


村の者、みんな、セイさんが残ってくれたら嬉しいと思います。


どうしても行きたいというのなら、


せめてキズが完璧に癒えるまで、村にとどまって下さい。


草を引っ張ってもらった時に、前脚をケガされているのですから…」


僕を心配そうに見て、言った。


ラーナが驚いた表情になり、


「セイさんがケガを…?」


声をもらした。


僕は慌てて首を横に振り、


「いえ、軽く擦っただけです。


少しヒリヒリするだけで、大したケガではありません。


ちょっと無理に草を引っ張りすぎてしまって。


数日で治ると思います。


お言葉に甘えて、治るまでゆっくりさせてもらいます」


少し擦ってしまった前脚を2匹にヒラヒラと見せながら言った。








この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]