忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



夕食をとり始めた2匹を見て、


僕もそばに生えていた草に近付き、食べ始めた。


昨日の夜に食べた草よりも、さらにみずみずしくて口当たりが良い。


ここは川岸のすぐ近くなので、周囲の土に、


より豊富に水分が含まれているのだろう。


幸せな心地でかじりながら、


先程シイとラーナが僕に伝えてくれた言葉を思い出す。


村に歓迎してくれて、本当にありがたい限りだ。


昨日、この村に辿り着いた時には故郷の草地に戻ろうと思っていたけど、


今ではとどまりたい気持ちでいっぱいだよ。


でもシイとラーナが最後に言ってくれたように、


定住したら故郷と別れることになるのだ。


ちゃんと自分のバッタライフをどうするのか考える必要がある。


…とは思ったものの、木登りをして遊べるのは、かなり魅力的だ。


新鮮な木の葉やコケ、落ち葉など、おいしい食べ物も豊富にある。


もう、この村に定住する方向で検討していこうか…。


草をかじり終え、しばらく考え込んでいると、


「大分、暗くなりましたね。


もうそろそろ眠る時間です。


また明日、会いましょう、セイさん」


シイがこちらに顔を向けて言って、前脚を振った。


「ではセイさん、また明日」


ラーナも前脚を振る。


僕が前脚を振ると、2匹が背を向けて跳び、


その先に茂っていたコケの中へと姿を消した。


シイの言った通り、辺りが大分暗くなっている。


僕も眠るとしよう。


今後どうするかは明日の朝、じっくりと考えよう。


僕は少し先に生えていた背の高い草の根元に抱きつき、


葉に顔をうずめた。








この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第151話…ハラヒシバッタの村…40   *HOME*   故郷の草を求めて第149話…ハラヒシバッタの村…38




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]