忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



険しい道だと感じて、


本当にどうしようかと途方に暮れた、その時、


「セイさん」


後ろから声がかかった。


振り返って下を見ると、こちらを見上げるシイの姿があった。





彼女のすぐ後ろにはラーナもいる。


「やあ、2匹とも」


僕は葉の上から跳んで降りて、2匹の前に着地した。


シイとラーナが僕に歩み寄る。


「体の疲れは取れましたでしょうか?」


シイが僕に聞いた。


僕は軽く飛び跳ね、うなずいた。


「大分、回復したよ。


たくさん強く飛び跳ねたから、まだ多少後ろ脚が重たいけど、


それほど気にならずに動ける感じだ。


薬草を食べることが出来たおかげで、前脚の状態も良好になっている。


明日にはきっと全快だよ」


「それは何よりです。


私もゆっくりと休んだので、ほとんど回復しているみたいです」


シイの言葉にラーナがうなずく。


「長くコケの上でくつろいだので、良いコンディションです。


これなら疲れを明日に持ち越すということはなさそうですね」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第146話…ハラヒシバッタの村…35   *HOME*   故郷の草を求めて第144話…ハラヒシバッタの村…33




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]