忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






「は…はい、


昨日、この村にやってきた、


ショウリョウバッタのセイです」


僕は目の前の体格のがっしりしたオスのハラヒシバッタに言葉を返した。


「自分はバレックだ。


感謝するよ、セイ君、


ラーナを助けてくれて。


村長から聞いた話だと、草を食いちぎり、


閉じ込められたラーナがいる地点までの道を切り開いてくれたようで…」


「僕のアゴが役に立って良かったです」


僕は照れて、頭をかきながら言った。


「君がこの村の近くを通りかかってくれて良かった。


自分がなんとか出来たら良かったんだが、


情けないことに一昨日の強風で吹き飛ばされてケガをしてしまって…。


その時は村の端まで薬草を食べに行っていたんだ」


彼が申し訳なさそうに僕に言った。


「一昨日の風は強かったですね。


僕もつかまっていた葉ごと、空に吹き飛ばされました。


それで川に落ちて、河口のこの辺りまで流されてしまって…」


「今、セイ君は元いた草地に戻る途中なんだね。


結構、距離があるという話だけど…」


僕は体を上流の方に向けた。


「川岸から見える、橋の手前辺りです」


バレックがそばに生えていた背の高い草に跳び乗って、


上流の方を見た。


「…あの橋の手前か。


随分な距離があるじゃないか。


あまりに遠すぎて橋がかすんでいる。


辿り着くまでに、大分、日にちがかかりそうだ。


かなり困難な道のりに思える。


危ないから出発せずに、この村にとどまった方が良いんじゃないかな?」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第141話…ハラヒシバッタの村…30   *HOME*   故郷の草を求めて第139話…ハラヒシバッタの村…28




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]