忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「そ…そうですよね。


河口に流れ着いて堤防の上から故郷の草地を確認した時には、


あまりに遠いと感じ、その場で途方に暮れました。


無事、辿り着けるか分からないので、


そう言ってもらえると嬉しいです。


この村にはおいしい食べ物も多いですし、


ちょうど今さっき滞在出来たら良いと考えていたところでした」


バレックが草の上から跳んで、僕の数㎝前に着地した。


「歓迎するよ、セイ君。


君がこの村にいると心強い。


少し前に村長が村民に話しているのを触角で聞いたんだが、


君は強いアゴだけでなく、良い触角と戦闘能力も持っているようだね。


村にいてくれたら、随分と安心して生活が出来るようになって大助かりだよ。


もちろん無理にとは言わないけどね。


故郷の仲間達に出会えなくなるのはつらいことだろうから」


僕の頭に故郷の2匹のバッタの顔が浮かんだ。





ショウリョウバッタのレイちゃんとイナゴのイナコちゃんの顔だ。


2匹とは翌日に跳ねあって遊ぶ約束をしていた―


「セイ君は今、選択の難しい岐路に立たされている。


この村を出発せずにとどまったら安全だけど、


故郷の仲間達には出会えなくなってしまう。


この村を出発したら、うまく行けば故郷に戻れるかもしれないけど、


距離があるため途中で朽ち果てる恐れが随分とある。


俺としては村の見回りを手伝ってほしいから、


この村にとどまってほしいところだけどね。


い…いかん、


そういえば見回りの途中だったんだ。


もう行かないと。


じゃあね、セイ君。


焦らずにじっくりと考えて決断してほしい」


バレックは言って飛び跳ね、


草むらの向こうに姿を消した。





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第142話…ハラヒシバッタの村…31   *HOME*   故郷の草を求めて第140話…ハラヒシバッタの村…29




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]