忍者ブログ
ライトノベル、書く。


シイも村の端に生えている薬草に顔を向ける。


「そうですね…。


早く元の状態に戻るよう、村の一員として、


しっかりと薬草を大事にしていきたいです」


シイの言葉にラーナがうなずいた。


「私も葉が戻るまで食べないようにします。


…しかし、


薬草ですが本当に以前の状態に戻るでしょうか…?


葉が大分消失してしまっているので、光合成が十分に行えず、


枯れてしまわないか心配です…」


「この村の土の状態は良いし、多分、大丈夫だよ。


それにこれから夏に近付くから、どんどん気温が暖かくなってくるし、


梅雨になって雨も多く降るようになる。


葉が消失した状態の薬草でもしっかり育つさ」


ゲンの言葉を聞いて、ラーナがほっと胸をなでおろした。


「植物が育ちやすい季節になるんですね。


良かったです。


早く葉が元の状態に戻って欲しいです」


「遅くても梅雨が明ける頃には茂っているだろう。


…では自分はもう行くよ。


村の見回りをしないといけないからね。


3匹とも疲れが明日に残らないよう、しっかりと体を休めるんだよ」


ゲンはそう言うと背を向け、


タッ。


村の奥に向かって飛び跳ねて、茂みへと姿を消した。


ラーナが顔を自身の後ろ脚に向ける。


「今日は強く飛び跳ねたから、後ろ脚がかなり重たい感じです。


しばらく休まないと、村長の言った通り、疲れが明日に残ってつらそうですね」


つぶやいて、コケの上まで歩き、体を休め始めた。


それを見て、僕とシイもコケに体を深くうずめた。








この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]