忍者ブログ
ライトノベル、書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






シイが首を横に振り、


「いえ、実は村の外に薬草を食べに行ったんです。


大分飛び跳ねて後ろ脚が疲れてしまったので休んでいます」


と、ゲンに答えた。


ゲンが驚いて目を見開いた。


「え…、ええっ。


む、村の外に出たの?


危ないよ、外に出たら。


荒くれ者がたくさんいるんだ。


村から外に出てはいけないと前から言っていたのに…」


僕は慌ててコケの中から這い出た。


「す…すいません。


僕のせいです。


僕の前脚のケガを回復させるために、


村の外の薬草の生えているところまで案内してくれて…」


タッ。


ラーナが飛び跳ねてゲンの前に着地した。


「ち、違います、村長。


私のせいです。


2匹が村の外に出るのは危ないから止めた方が良いと言ってくれたのに、


村から10mで近いからと私が無理に誘ってしまって…」


ラーナが必死な表情でゲンに言った。


「そうか…、


ケガをしたセイ君に薬草を食べさせようと頑張ってくれたんだね。


10m、確かに近くて余裕で辿り着けそうな距離だ。


でも…村の屈強なハラヒシバッタ達が見回りをしていないし、


やっぱり危ないよ。


やめて欲しい気持ちだよ」


ゲンの言葉にラーナがシュンと触角を下げた。


「村長の言う通りです…。


実際、行きの時も帰りの時も危険がありました。


セイさんとシイがいなかったら、どうなっていたことか…」





この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
故郷の草を求めて第134話…ハラヒシバッタの村…23   *HOME*   故郷の草を求めて第132話…ハラヒシバッタの村…21




プロフィール
HN:
コウ
性別:
男性
自己紹介:
ライトノベルを書きたいと思った。
最新CM
[10/16 ナイキ スパイク]
広告


参加ランキング
下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
他の作成中ブログ

更新情報
RSS表示パーツ

RSS表示パーツ
ブログ変更情報
イラストのサイズを、ブログ全体で、150x150から200x200に変更。
見づらさを感じてしまった。
(2012/10/16)
広告




ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 





PR




Copyright ©   ラーイト、ノベール。   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]